スワン歯科のコラム
あなたのアゴは健康ですか?~顎関節症の症状と原因~

「口を開けると顎が痛い」「口を開けると音がする」「口を大きく開けられない」
――こういった症状がある場合は顎関節症(がくかんせつしょう)が疑われます。
心当たりがある方は、お近くの歯医者さんに相談してみてくださいね。
歯医者さんと言うと、「歯」の病気を治すところだと思われがちですが、
「顎」の治療に対応しているところも多くあります(整形外科にかかる方もいますが、
顎関節症は一般的に歯科の「口腔外科」という専門領域で治療します)。

顎関節症は、しばらくしたら自然に治るケースもありますが、
重症化すると・・・思いもよらない深刻なトラブルに発展するケースもあります。
「今は大したことないから」と放置せず、正しい知識を身に付けたうえで、
一度歯科医院の診断を受けることをおすすめします。

そもそも顎関節症とは?

顎関節症とは、顎の関節周辺に何らかの異常があることで、顎の痛みなどの慢性的な症状を引き起こす疾患のことです。

顎関節症にはどんな症状がある?

顎関節症の代表的な症状は、「顎が痛い」「顎が鳴る(口を開けるときに音がする)」「口を開けづらい」といったものです。様々な症状がありますが、軽いものも含めると日本人の2人に1人は顎の異常を経験していると言われています。

上述のとおり、自然に治ることもありますが、重症化すると食事をすることもままならなくなるなど、日常生活に支障をきたすケースもあります。また、顎関節症が悪化すると、一見顎とは関係ないように思える肩こりや腰痛、頭痛などを引き起こすこともあります。
無理せずに口を大きく開いたとき、人差し指・中指・薬指の3本を縦にした状態で口に入るかどうかが、顎関節症の一つの判断基準になります。

どうして顎関節症になる?

顎関節症には実に様々な原因がありますが、
基本的には、顎の関節に不自然な力がかかり続けることで発症すると言われています。
そして、この不自然な力の原因になるのが、アンバランスな噛み合わせです。
噛み合わせが悪いと咀嚼のバランスが崩れ、顎関節に負担がかかってしまうのです。
また、片側の奥歯が抜けたままになっている人は、
反対側ばかりで噛む(偏咀嚼)ようになってバランスが崩れますし、
合わない入れ歯を使っている方や歯周病でグラグラする歯がある方も同様に、顎関節に余計な負担がかかります。
顎関節症になって顎が痛むようになると、それを無意識にかばおうとして、
さらにバランスが崩れるという悪循環を辿ります。

アンバランスな噛み合わせの他には、「ブラキシズム」も顎関節症の原因になると言われています。
ブラキシズムとは、歯ぎしりや食いしばりなどのクセです。
ブラキシズムがある方は、顎周辺の筋肉の緊張によって顎関節に負担がかかり、顎関節症を発症します。
歯ぎしりや食いしばりは、不安やプレッシャーなどのストレスによって起こりますので、
過度なストレスも顎関節症の間接的な原因だと言えるでしょう。

顎関節症はどんな人に多い?

日本における顎関節症の患者数は約4万人とも言われています。お子様からお年寄りまで幅広く見られる疾患ですが、特に多いのは10代半ばから20代。

性別の傾向としては、女性が男性の2~3倍多いというデータもあります。女性の患者が多い理由は明確にはなっていませんが、男性に比べ骨格や筋肉・靱帯が弱く、ストレスの影響を受けやすいことなどが原因の一つとされています。
次回は、顎関節症の治療法・予防法について解説していきます。