インビザライン矯正とは

  • ホーム > 
  • インビザライン矯正とは

名古屋駅すぐ【ゲートタワースワン歯科・矯正歯科】ホーム > インビザライン矯正とは

インビザライン矯正とは

2009年~2017年実績 累計2,000症例突破

東京の新宿・東京駅、名古屋の名古屋駅・栄・港・ミッドランドスクエア・東郷町にて医院を運営するスワン会(スワン歯科)は、矯正治療を得意している医療法人です。7つの医院では、「患者様第一の歯科医療」を掲げて多種多様な矯正治療を行っています。ここでは、近年人気を集めている目立ちにくい矯正装置「インビザライン」の特徴について説明いたします。

矯正装置「インビザライン」とは

あなたの「誰にも気づかれずに矯正治療をしたい」という気持ちにお応えします

「誰にも気づかれずに治療したい」そんなあなたの悩みを解決します

矯正治療を受けることをためらってしまう原因のひとつには、「装置が目立つこと」があります。「目立つ装置を付けたまま会社や学校に行くのは気が引ける」という方も少なくないのではないでしょうか。矯正治療時の見た目の問題をクリアする方法には、裏側矯正(舌側矯正・リンガル矯正とも呼ばれます)という治療法もありますが、そのほかに多くの方に支持されている治療法が「インビザライン」です。

インビザラインは透明のマウスピース型の矯正装置で、自由に取り外すことができます。従来の矯正治療とはまったく異なる治療法で、治療の進行に応じて緻密に設計・作製されたマウスピースを継続して装着し、2週間ごとに新しいものに交換することで少しずつ歯を動かしていくという方法をとります。

世界ではすでに140万人以上の方がインビザラインによる矯正治療を受けており、ここ数年は日本でも「取り外し可能」「目立ちにくい」というメリットからインビザライン治療を希望する方が増加中です。「目立つ装置に抵抗がある」「痛いのは苦手」という方は、ぜひインビザライン治療を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

インビザラインとワイヤー矯正の違いとは
インビザライン ワイヤー矯正
期間 数ヶ月~2年程度(症例により異なる) 数ヶ月~2年程度(症例により異なる)
適応年齢 幅広い年齢の方に対応可能 特に決まっていないが、成長期の子どもの場合は効果が現れやすい
装着感 マウスピース型の装置のため違和感は少ない 歯の表面にワイヤーを装着するため違和感を覚えやすい
見た目 透明のため目立ちにくい 装置の材質等によっては目立たせない工夫も可能なものの、マウスピースよりは目立ちやすい
痛み 一般的には、通常の矯正と比較すると痛みを感じにくい(個人差あり) 痛みを感じる場合もある(個人差あり)
日常生活 着脱できるため、普段通りにブラッシングや食事が可能 取り外せないため、ブラッシングや食事の際には注意が必要

※表は左右にスクロールして確認することができます。

当院のスタッフが治療体験日記をブログにて公開しています

インビザラインの長所

透明なため目立ちにくい 薄く透明なマウスピース型の装置のため、装着していてもほとんど気づかれることはありません。
金属アレルギーのリスクがない 金属製の矯正装置の場合は金属アレルギーを引きおこす可能性がありますが、インビザラインはポリウレタン製なので金属アレルギーのリスクはありません。
普段通りに食事ができる 従来の矯正装置では、装置の破損を防ぐため硬い物や粘り気がある物は避ける必要がありました。インビザラインの場合、食事中には取り外せるので、制限なく普段通りに食事を楽しめます。
口腔内を傷つけることがない 金属製の装置の場合、ワイヤーや留め具が口腔内の粘膜や舌に当たって出血や腫れ、口内炎を引きおこすことがありましたが、インビザラインは口腔内を傷つけることはありません。
口腔内のお手入れが簡単 インビザラインは取り外し可能で、普段通りブラッシングやフロスの使用ができるので、口腔内を健康に保ちやすくなります。
治療期間が比較的短くて済む 裏側矯正に比べて、比較的治療期間が短期間で済みます。
治療完了までの歯の状態がイメージしやすい 治療前に歯が動いていく過程をシミュレーションするため、治療が終わるまでの歯の状態を想像しやすくなります。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

インビザライン治療を支える光学印象機器

光学印象機器は、マウスピース作製における歯の型採りを光学スキャンにて行うことができる最新の機器です。特殊な光を歯に当てていくことで歯型を採取し、歯型のデータはインターネットを通じてすぐにアメリカのアライン社へと送られるので、治療開始までの期間を大幅に短縮できます。

  • 光学印象機器
  • 光学印象機器
精度の高い歯型を短時間で採取できる 特殊な光を歯に当てて型を採るので、印象材を用いる場合よりも精度の高い歯型を採取することが可能です。デジタルスキャンなら型を採った後で変形してしまう心配もなく、フィット性に優れたマウスピースを作製できます。
歯型をリアルタイムで確認することができる スキャンの経過をリアルタイムで確認でき、採取したデータはそのままクリンチェック(治療のシミュレーション)に使用できます。アメリカへ歯型データを送る時間をカットできるので、クリンチェックが仕上がるまでの期間は最短で2~3日程度と、従来よりも大幅に短くなりました。また、歯型が不鮮明な箇所にその場で気づくことができるので、型採りを再度行う必要もありません。
リラックスした状態で型採りができる 印象材とトレーを使った型採りでは嘔吐反射が起きてしまいやすい方がいますが、そういった方も光学スキャンなら快適に型を採れます。光学印象機器なら印象材が固まるまでの待ち時間もなく、こまめにお口を休めながらリラックスした状態で型採りを行えます。
スキャナーの先端部分がディスポーサブルのため清潔 スキャナーの先端部分は取り外し式かつディスポーサブルのため、非常に清潔・安心に型採りができます。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

そのほかのマウスピースとの相違点

治療経過を事前にシミュレーションすることができる

治療後はもちろん、治療経過の状態も把握できるため、治療中の不安・負担を軽減することができます。患者様ご自身が望む状態が明確になることで、矯正治療へのモチベーションが維持しやすくなるのもメリットでしょう。

CAD/CAMを用いて一度ですべて設計・作製する

最初の1回で、その後使用するすべてのマウスピースをまとめて作製します。そのため、作製のためにその都度歯科医院に通う必要がなく、患者様の生活面での負担を軽減できます。また、人の手では不可能な0.2~0.3mmの範囲で少しずつ歯を動かせるため、痛みが現れにくいというメリットもあります。

圧倒的な治療実績を誇る

インビザライン治療は、すでに世界45カ国で173万人を超える方が受けているという報告があります。認定制度や、治療技術に対しての的確なガイドラインがあるため安心なシステムと言えるでしょう。

世界各国ですでに173万人以上が体験!新しい矯正治療「インビザライン」

  • インビザライン01
  • インビザライン02
  • インビザライン03

歯科先進国・アメリカで開発されたインビザラインは、これまでに世界各国で173万人以上の患者様の矯正治療に用いられてきました。アメリカで行われたアンケート調査の結果によると、インビザライン治療を受けた方の96%以上が治療結果に「満足している」、94%が「知人にもすすめたい」と回答しています。

インビザライン円グラフ

インビザライン治療の進め方

1.検査・診断 2.歯型の採取 3.アライン社にて装置の作製 4.治療開始 5.治療終了・保定
口腔内の状態を詳しく調べる検査を実施。検査結果をもとに、治療の方針をご説明します。 患者様の歯型を採取します。 製造元であるアライン社に装置作製を依頼。3Dコンピュータを用いることで患者様の歯型に合わせた装置を作製します。 2週間ごとに新しい装置に段階的に交換。徐々に歯を動かします。 治療が完了した後も、他の治療方法と同じく保定が必要となります。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

クリンチェック

ご自身の歯の動きのシミュレーションを確認していただくことができます。

インビザラインティーン

インビザラインティーン

成長過程にある16歳以下の方であっても、インビザライン矯正を受けていただくことができます。2012年登場の「インビザラインティーン」は、11歳~16歳のお子様に対応した矯正装置で、乳歯がすべて抜けている方であれば使用することができます。多感なティーン世代の方にも目立たない・痛くない矯正治療を受けていただくことで、思春期の素敵な時間と笑顔を手に入れていただきたいと願っております。

インビザライン治療の注意点

すべての症例に適応可能なわけではありません~非適応症例~

インビザライン治療には、適応できる症例とできない症例があります。以下では適応が難しい症例・不可能な症例をご紹介します。

歯の生え方が著しく凸凹な場合

歯並びが大きく乱れており、歯を動かさなければならない距離が長かったり、歯根を動かす必要があったりする場合は適しません。ただし、ブラケット治療と併用することで適応できるようになります。
※歯根を移動させる段階ではブラケットを使用し、それ以外の段階ではインビザラインを用います。ブラケットのみで矯正するより、併用した場合の方が治療期間は短くなります。

上下の顎の位置がズレている場合

顎の骨格に前後・左右へのズレがある場合は、インビザラインを使用することはできません。

第二大臼歯がまだ生えていない場合

お子様でもインビザラインによる矯正は可能ですが、第二大臼歯がまだ生えていない状態では、理想的な効果を得ることができません。個人差はあるものの、中学生以降になれば第二大臼歯が生えていることが多いため、その場合はインビザラインによる矯正が可能です。

患者様の協力が必要です

他の矯正治療と同じように、インビザライン治療にも患者様の協力が欠かせません。歯科医師の指示に従って治療を行わないと、満足のいく治療結果が得られなくなります。スムーズに治療を進めるため、歯科医師の指示には必ず従うようにしましょう。

1日20時間以上の装着が必要

取り外し可能なため、装着するかどうかは患者様次第です。しかし、装着していない時間が長くなると、治療が予定通りに進まなくなってしまいます。

食事やブラッシングの際には必ず取り外す

インビザラインを装着したまま食事やブラッシングを行うと、装置を傷つけてしまう恐れがあります。

定期的に通院する

インビザラインは2週間ごとに装置を交換することで、歯を理想的な位置へと動かします。歯科医師と相談のうえ、2~3ヶ月に一度など決められた間隔で通院することで、治療をスムーズに進めます。

お手軽な前歯の矯正装置iGO(アイゴー)システムについて

iGO(アイゴー)システムは前歯部を対象とした歯科矯正治療です。口を開けるときに目についてしまう前歯部の歯並びを段階的に矯正し、綺麗な歯並び・理想的な笑顔へと近づけていきます。

詳しくはこちら