よくある質問
差し歯をしていても矯正治療はできるでしょうか?

Q&A

差し歯をしていても矯正治療はできるでしょうか?

差し歯をしていても矯正治療はできるでしょうか?

歯並びを綺麗にしたくて矯正治療を考えているのですが、私には差し歯があります。差し歯があっても矯正治療は可能なのでしょうか?

ゲートタワースワン歯科・矯正歯科からの回答

矯正治療は歯全体の位置を移動させる可能性があるため、天然歯ではない差し歯があると不安に感じるのも無理ありません。しかし、たとえ差し歯があったとしても、矯正治療は十分可能です。ただし、留意しておきたい点もあるので、確認しておきましょう。

差し歯をしていても矯正治療はできる

たとえ差し歯があったとしても、問題なく矯正治療を進めることができます。とはいえ、差し歯は「製作時の歯並び」を参考につくられている点は覚えておかなければなりません。矯正治療によって理想の歯並びとなった際は、差し歯のみが合わなくなってしまうケースがあります。その場合は、どうしてもつくり直す必要が出てくるでしょう。

もちろん、差し歯の状態によっては、矯正治療を終えたあともそのまま利用し続けることができます。判断は患者様のお口の状態によって都度異なるため、まずは一度歯科医院で診察を受けるようにしてください。

矯正治療はブリッジの場合も可

差し歯であれば問題はなくとも「橋渡し部分のあるブリッジだと矯正治療を受けるのは難しいのでは?」と感じるかもしれません。しかし、矯正治療はブリッジがあったとしても問題なく受けることができます。ただし、ブリッジがある場合、矯正治療を受ける前に橋渡し部分を切断しなければいけません。

矯正治療は口腔内にスペースを必要とするため、橋渡し部分の切断によってスペースをつくる必要があるのです。橋渡し部分を切断する以上、ブリッジはつくり直す必要がある点については覚えておいたほうがいいでしょう。

差し歯・ブリッジがある場合は歯科医師に相談を

前述したように、差し歯の中には矯正治療後もそのまま利用し続けられる可能性がありますが、ブリッジも同様に橋渡し部分を切断せず、矯正治療が終わったあともそのまま利用できる場合があります。もちろん、これらを自分で判断するのは非常に難しいため、差し歯やブリッジを矯正治療後につけかえず利用したいと考えているのであれば、治療前に歯科医師に相談してみてください。

歯科医師は極力患者様の希望に耳を傾けてくれますが、どうしてもつけかえが必要になるケースもあります。その場合は、よりよいお口の環境を手に入れるためにも、歯科医師の指示に従うようにしてください。

ゲートタワースワン歯科・矯正歯科 院長より

差し歯やブリッジがあるせいで矯正治療を受けられないかもしれないと考えている患者様も少なくありませんが、ご説明してきたように問題なく治療は受けられます。ただし、矯正治療の前後で差し歯やブリッジのつけかえが必要になるケースはあるため、事前にその点はご理解ください。

もちろん、こちらもご紹介したように患者様のお口の状態によっては、つけかえをせずに矯正治療を行えるパターンもあります。つけかえが必要かどうかは患者様一人ひとりで判断が異なるため、まずは一度歯科医院で医師の診察を受けるようにしてください。