よくある質問
歯ぎしりが矯正治療で解決するケースがあると聞きましたが、原因は歯並びでしょうか?

  • ホーム > 
  • よくある質問 > 
  • 歯ぎしりが矯正治療で解決するケースがあると聞きましたが、原因は歯並びでしょうか?

Q&A

歯ぎしりが矯正治療で解決するケースがあると聞きましたが、原因は歯並びでしょうか?

歯ぎしりが矯正治療で解決するケースがあると聞きましたが、原因は歯並びでしょうか?

以前から無意識のうちに歯ぎしりしてしまう癖に悩んでいます。現在治療法を探している最中ですが、矯正をすれば解決するという話を聞きました。つまり歯ぎしりの原因は歯並びということなのでしょうか?

ゲートタワースワン歯科・矯正歯科からの回答

歯ぎしりに悩みを抱いている人は少なくありません。放置していると歯がすり減ってしまったり、詰め物や被せ物が割れたりしてしまうおそれがあるため、すぐに解決策を探す必要があるでしょう。歯ぎしりは歯並びが原因のケースもあるため、矯正で治る場合もあるので、まずは歯科医院に相談することをおすすめします。

歯ぎしりの原因は

解決策を探す前に、まずは歯ぎしりの原因について考えていきましょう。一般的に、歯ぎしりが起こる原因は「ストレス」「嚙み合わせ」「飲酒・喫煙」と言われています。中でもとくに大きな原因とされているのがストレスです。不安や憂うつな感情を抱いていると、ストレスを解消するため無意識のうちに歯を食いしばってしまうと言われています。

嚙み合わせの悪さも歯ぎしりを起こす大きな要因です。嚙み合わせが悪いと特定の歯が強く接触してしまったり、詰め物や被せ物がぶつかってしまったりすることで、歯ぎしりが生じてしまうケースがあります。こうした事態を解決するためには、嚙み合わせの悪さの原因となっている歯並びを改善する必要があるでしょう。

また、因果関係は明らかになっていないものの、飲酒・喫煙も歯ぎしりの原因とされています。アルコールやニコチンの大量に摂取すると、歯ぎしり悪化の原因となる可能性があるからです。

矯正治療で治せる場合もある

歯ぎしりの原因が「嚙み合わせの悪さ」にあった場合は、矯正治療で治せる場合があります。矯正治療で歯並びをしっかり整えれば、嚙み合わせの悪さが解消され、歯ぎしりが起こらなくなるでしょう。

もちろん、歯ぎしりの原因が嚙み合わせの悪さではなく、ストレスなどであったときには矯正治療で治すことはできません。ストレスが原因の場合、歯ぎしりを治すにはストレスを解消するしかありません。現在自分がどのようなストレスを抱えているか向き合うことが重要です。そのため、歯ぎしりの治療にはその原因が何であるかを解明する必要があるでしょう。

マウスピースを使った治療もある

歯ぎしりの原因がストレスであればそれを解消するのが一番ですが、解消しようと思ってもすぐにできるものではないでしょう。その間に歯ぎしりで歯に悪影響が及ぶのは防ぎたいところです。そこで活用したいのがマウスピース。歯科医院では歯ぎしり治療のため、「ナイトガード」というマウスピースがよく使用されます。

ナイトガードは歯科医院でしっかり型を取って作製されるため、フィット感は心配ありません。睡眠中に装着することで、歯や顎を歯ぎしりによる強い力から守ってくれます。また、ナイトガードを調整すれば、歯ぎしりの回数そのもの減らすことも可能です。

ゲートタワースワン歯科・矯正歯科 院長より

歯ぎしりに悩んでいても、周囲に相談しづらいという人は多いのではないでしょうか。しかし歯ぎしりを放置していると、歯がすり減るなどの悪影響を及ぼし、歯や顎に負担がかかってしまう可能性があるので、早めの対策が必要です。歯科医院では、まず歯ぎしりの原因をカウセリングなどで判断し、それに見合った治療法を提案していきます。

嚙み合わせの悪さが原因のようなら矯正治療が、ストレスが原因ならマウスピースを使った治療が主体となるでしょう。いずれにしても、歯ぎしりに悩みを抱えているようなら、少しでも早くお近くの歯科医院で診察を受けるようにしてください。