よくある質問
インプラント治療を検討していますが、金属アレルギーのリスクが心配です。金属アレルギーの心配がない治療法はあるのでしょうか?

  • ホーム > 
  • よくある質問 > 
  • インプラント治療を検討していますが、金属アレルギーのリスクが心配です。金属アレルギーの心配がない治療法はあるのでしょうか?

Q&A

インプラント治療を検討していますが、金属アレルギーのリスクが心配です。金属アレルギーの心配がない治療法はあるのでしょうか?

抜けた歯を補うためにインプラント治療を検討していますが、インプラントは金属を使っているため、金属アレルギーを引き起こす可能性があるのではと不安です。金属アレルギーの心配をすることなく、抜けた歯を補える治療法はあるのでしょうか?

ゲートタワースワン歯科・矯正歯科からの回答

優れた機能を発揮するインプラントですが、患者様によっては金属アレルギーのリスクを不安に感じる方もいらっしゃるでしょう。しかし、インプラントには金属アレルギーの心配がほとんどない金属でつくられたものもあります。

インプラント治療では金属を使う?

インプラント治療とは、歯を失ってしまった部分に人工歯根を埋め込み、その上部に人工の歯冠を装着する治療法です。見た目はもちろん、ものを噛むなど歯の基本的な機能を補うことができます。自由診療で保険は適用されないため、治療費は決して安価ではありませんが、歯を失う前とほぼ変わらない生活を送りたいのであれば、治療を受けておきたいところです。

インプラントは、顎の骨に埋め込むインプラント(=人工歯根)、歯の代わりとなる歯冠、それらをつなぐアバットメント(=土台)という3つのパーツで構成されています。治療を受ける際、歯冠とアバットメントは金属製、非金属製どちらにするかの選択ができますが、インプラント体は金属であるチタン製のものがほとんど。そのため「金属アレルギーの原因になるのでは?」と心配する患者様も存在します。

チタンは金属アレルギーのリスクが非常に低い金属

インプラント体に使われるチタンは生体親和性に優れており、金属アレルギーを引き起こす可能性は極めて低いといわれています。どんな方でも100%安心と断言はできないものの、チタン製のインプラントであればほとんどの患者様に適応可能です。

ただし、相場より大幅に安価なインプラントの場合、チタン100%をうたいながら合金を使っている可能性があります。合金が使用されたインプラントの場合、金属アレルギーを引き起こすリスクは否定できません。そうした事情を理解したうえで、信頼できる歯科医院を見つけインプラント治療を受けるようにしましょう。

抵抗がある方の選択肢

どうしてもインプラントに抵抗がある、もしくは顎の骨が少なくインプラント治療に適さないという方もいらっしゃいます。その場合の治療法として提案したい選択肢が、いわゆる「入れ歯」です。

一言で「入れ歯」といっても、「総入れ歯」「部分入れ歯」では治療法が異なり、費用面でも保険診療のものと自由診療のものでは大きく異なります。健康な歯がどのくらい残っているか、費用と機能のどちらを優先するかを歯科医院とよく相談して、最適な治療法を選ぶのが重要です。

ゲートタワースワン歯科・矯正歯科 院長より

「顎の骨に金属を埋め込む」と聞くと不安を覚える患者様がいらっしゃるのは、もっともなことだと思います。通常、インプラント治療では金属製のチタンを使用するため、極端に安価な治療を受けると実はチタンではない材質の金属を使用したインプラントで、金属アレルギーを発症してしまう可能性もあります。

しかし、当院のインプラント治療で扱われているチタンは生体親和性の高いものであるため、金属アレルギーの心配はほとんどありません。ただ、それでもインプラントには抵抗があるという患者様には入れ歯やその他の治療法も併せてご提案させていただきますので、まずはお気軽にご相談ください。