予防歯科

お口の健康は予防からはじめましょう

お口の健康は予防からはじめましょう

「歯医者さんは痛くなってから治療のために行くところ」と思っていませんか? しかし虫歯や歯周病は予防が可能です。病気にかかってからの治療よりも未然に防ぐほうがお口の健康維持につながります。そのため最近では、歯医者さんは、「病気にならないようにチェックを受け、歯をきれいにするところ」という認識が広まってきています。

お口の健康を保つために定期検診を受けましょう。お口のトラブル予防についてお気軽に、名古屋駅直結のJRゲートタワー26Fの「ゲートタワースワン歯科・矯正歯科」にご相談ください。

歯の再石灰化をご存じですか?

  • 歯の再石灰化をご存じですか?
  • 歯の再石灰化をご存じですか?

お口の中では飲食のたびに「脱灰」と「再石灰化」がくり返されています。「脱灰」とは歯の表面の成分が溶け出すことで、その反対に歯の成分が戻ることを「再石灰化」といいます。毎日何度もくり返されるサイクルのバランスがくずれてしまい、十分な再石灰化が間に合わなくなると虫歯が進行していくのです。

歯の再石灰化をご存じですか?

再石灰化を促すためにはプラークなどの汚れをしっかり落とす必要があります。お口のトラブル予防の基本は毎日のブラッシングです。ただ自己流のブラッシングでは「みがきグセ」により汚れが残る部位が生じて、そこから虫歯や歯周病にかかってしまうことがあります。

そこで活用していただきたいのが歯科医院での定期検診です。定期検診では歯科医師や歯科衛生士がお口の中をチェックして口腔ケアを行います。

口腔ケアのプロフェッショナル――それが歯科衛生士です

口腔ケアのプロフェッショナル――それが歯科衛生士です

お口のトラブル予防のためのケアは、歯科医師と歯科衛生士のチーム体制で取り組みます。歯科医師の指示のもと中心的な役割を果たすのが歯科衛生士です。患者様の歯並びや口腔内細菌の数や種類などのお口の状態や治療内容に合わせた予防ケアを行います。

毎日のセルフケアでは落としきれない、歯と歯の間や歯と歯ぐきの溝の汚れも徹底的にクリーニングします。そして毎日のケアに役立つようなブラッシング方法をアドバイスします。

おすすめデンタルグッズ

ホームケアを効果的に行うために歯科衛生士がおすすめするデンタルグッズをご紹介します。当院受付でも販売していますので、気になる方はお気軽にお声がけください。

マウスリンス
マウスジェル
フッ素入りジェルコート
うがい薬
音波電動歯ブラシ
マウスリンスマウスジェル フッ素入りジェルコートうがい薬 音波電動歯ブラシ
虫歯や口臭の原因となるお口の乾燥を防ぐウェルテック社のマウスリンスとマウスジェルです。 虫歯や歯周病予防のための歯質強化が期待できるフッ素を含んだウェルテック社のジェルコートとうがい薬です。 音波振動で効果的に歯の汚れを落とすGC社の「プリニアスリム」です。替えブラシの種類が豊富で安価です。

妊婦歯科検診を受けましょう

妊婦歯科検診を受けましょう

妊娠すると妊婦さんの身体にはさまざまな変化が起こります。お口の中は、虫歯や歯周病のリスクが高まってしまいます。血液中の女性ホルモンの増加により炎症を起こしやすくなり、唾液のネバつきにより細菌が繁殖しやすくなるのに加え、「つわり」があったり、食事を何回も摂ったりなどさまざまな要因が重なるのです。

妊娠中はなかなか口腔衛生にまで気がまわらないかもしれません。しかしお口の健康のために、ブラッシングができないときには飲食後の口ゆすぎだけでもするようにしましょう。また妊娠安定期(妊娠4ヶ月~7ヶ月)には、妊婦歯科検診を受けてお口の健康を守りましょう。

歯周病にはとくに注意してください

歯周病にはとくに注意してください

妊婦さんは「妊娠性歯周炎」にかかりやすくなります。歯周病を悪化させてしまうと、歯周病菌や細菌が産生する毒素が、血液に入り込み血管を通って胎盤を刺激してしまうことがあります。すると低体重児出産や早産のリスクを高めてしまうのです。

妊婦さんだけでなく赤ちゃんの健康のためにもお口をきれいに保つことが大切です。毎日のセルフケアとともに、妊娠安定期には歯科検診を活用しましょう。

定期検診のご予約はこちらからできます