口腔外科

医療法人スワン会 ゲートタワースワン歯科・矯正歯科の口腔外科について

医療法人スワン会 ゲートタワースワン歯科・矯正歯科の口腔外科について

口腔外科とはお口まわりの外科処置を行う診療メニューです。お口の中の歯ぐき、舌や唇、そして顎関節の外科処置なども含まれます。わかりやすい症例としては口内炎の治療や親知らずの抜歯、外傷の治療が挙げられます。外科手術をともなうインプラント治療も口腔外科に含まれる処置です。

名古屋駅直結の歯医者「医療法人スワン会のゲートタワースワン歯科・矯正歯科」では歯科全般に対応し、口腔外科も行っています。気になるお口まわりの痛みがありましたら、お気軽にご相談ください。

親知らずについて

親知らずについて

親知らずは、28本の永久歯が生えそろってから奥歯の奥に生えてきます。親知らずは、奥に生えるのでブラッシングがうまくいかないと虫歯や歯周病にかかりやすいので注意が必要です。現代人は顎が小さくなる傾向があるため親知らず(智歯:ちし)が生えてくるスペースが足りないことがあります。するとまっすぐ生えず、歯ぐきに炎症を起こすことや、まわりの歯を押して歯列を乱すことがあるのです。そのようなときは抜歯が選択されます。親知らずの処置でそのまま残すか、抜歯をするかを判断するためには精密検査が必要です。気になる親知らずがありましたら、まずは一度ご相談ください。

親知らずの種類
正常な智歯 完全埋伏智歯 水平埋伏智歯 半埋伏智歯
正常な智歯 完全埋伏智歯 水平埋伏智歯 半埋伏智歯

まっすぐ生えている状態です。

正しいブラッシングを行い、健康に保ちましょう。

歯ぐきの中に埋まってしまって表からは見えません。

痛みや腫れ、ほかの歯や顎関節への影響がある場合は抜歯をします。

横向きに親知らずが生えている状態です。

歯並びへの影響や腫れや痛みが心配ですので、抜歯が選択されることがあります。

親知らずが歯ぐきから一部だけ顔を出している状態です。

まわりの歯への影響だけでなく虫歯や歯周病のリスクが高い智歯です。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

顎関節症について

顎関節症について

顎関節症はさまざまな症状をまとめた総称です。次に挙げる症状がありましたら、顎関節症が疑われます。顎関節の違和感を放っておくと、頭痛を起こしたり、肩こりに悩まされたり、身体のバランスをくずしてしまうことにもつながりますので注意が必要です。一度当院にご相談ください。

顎関節症の症状かもしれません
  • 顎が「カクカク」「シャリシャリ」「ジャリジャリ」鳴る
  • 口が大きく開かない
  • 顎を開けるとひっかかる感じがする
  • 顎がだるい
  • 顎が痛む
医療法人スワン歯科の顎関節症の治療

顎関節症を引き起こす原因はさまざまです。原因もひとつとはかぎらず、いくつかの要因が重なって起こることもあります。顎関節症の治療で大切なことはその原因を突き止めることです。当院では患者様のお話をじっくりうかがい、症状に合わせて治療プランをご提案しています。

スプリント療法 補綴(ほてつ)治療 外科治療
顎関節を正しい位置に導くために患者様の歯型に合わせたマウスピースを装着していただく処置です。 補綴物(詰め物や被せ物)に噛み合わせを乱す原因があるときは、補綴物を削ったり、つくり替えたりして改善を図ります。 精密検査により手術が必要だと判断されたときは、顎関節を切開または内視鏡を使用して、外科手術を行います。

歯周組織再生療法とは

顎関節症について

歯周病や事故などで失われた歯を支える組織(歯ぐきや顎の骨など)の歯周組織を再生するための処置が「歯周組織再生療法」です。特殊な薬剤や素材、人工骨や自家骨(細かく砕いた自分の骨)などを使って、歯周組織の再生を促します。または歯ぐきの一部を上の顎部分から切り取り、歯ぐきが足りない部分に移植することもあります。

歯周組織再生療法が選ばれる際の症状
  • 顎の骨が足りずグラついている歯の抜歯を避けたいとき
  • 歯周病や事故により歯ぐきを失ってしまった場合
  • インプラント治療のための十分な顎の骨を確保したいとき
  • 歯ぐきが下がってしまっている場合

その他の外科処置

フラップ手術 できものなどの治療 根管治療 外傷の治療
フラップ手術 できものなどの治療 根管治療 外傷の治療
歯ぐきを切開して歯根を露出させ、歯面のプラーク(歯垢)や歯石を除去する重度の歯周病の治療のひとつです。 お口の中の腫れやできものには良性のものも悪性のものもあります。放っておかずにお気軽にご相談ください。 歯の神経にまで達した重度の虫歯の治療です。汚染された神経や血管を除去し洗浄・消毒して薬剤で密封します。 歯を折る、唇を切るなどの外傷に対しての治療も行います。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

スポーツ用マウスピースについて

スポーツ用マウスピースについて

ラグビーやボクシング、ラクロスなどスポーツの中には、お口まわりのケガや歯の破折、脳しんとうの予防のためにマウスピース(マウスガード)装着の義務や、装着が推奨されるスポーツがあります。当院ではお口に合わせたカスタムメイドのマウスピースを作製しています。使い心地にも配慮しながら競技の種類に合わせてマウスピースの硬さや厚さ、大きさなどの調整も承りますのでお気軽にご相談ください。色の選択も可能です。お気に入りのマウスピースでスポーツを安全に行うことができます。

スポーツ用マウスピースについて

スポーツマウスピースの装着により――
  • 歯の破折や摩耗、脱臼を防ぎます
  • 頬や舌などのケガを防止します
  • 脳しんとうの軽減や、頸部損傷の予防が可能です
  • 顎や顎関節への衝撃緩和や保護につながります
  • バランス感覚の向上により、筋力アップなどの効果が期待できます

お口のケガやトラブルでお困りの方は、
こちらからご予約ください