よくある質問
子供のむし歯を放置しても大丈夫ですか?

Q&A

子供がむし歯になりました。乳歯なのでこのままでも大丈夫でしょうか?

7歳の子供がむし歯になったようなのですが、乳歯はいずれ永久歯に生え変わるため、そのままにしておいても大丈夫でしょうか?

ゲートタワースワン歯科・矯正歯科からの回答

子供の歯の乳歯は、大人の歯である永久歯と比べてむし歯になりやすくなっています。その原因は乳歯の歯質や子供の食生活にあることが多く、保護者が気をつけてあげないとすぐにむし歯になってしまうのです。

子供のむし歯を放置すべきではない

子供のむし歯を軽く捉えがちな保護者の方もいらっしゃるのではないでしょうか? 「乳歯は永久歯に生え変わるから、放っておいても大丈夫なのではないか」とお思いの方もいるかもしれません。しかし、乳歯の段階でむし歯になると、その次に生えてくる永久歯にも大きな影響を及ぼすことになります。

たとえば、乳歯がむし歯になることで口腔内環境が変わり、生えてくる永久歯がむし歯になりやすくなったり、やむを得ず抜歯した部分の歯並びに影響が出たりと、さまざまな弊害が現れてしまうのです。また、むし歯で痛みを感じると食べ物の噛み方にも偏りが見られるようになり、顎の成長にも影響が出る場合があります。

このように、乳歯がむし歯になることで将来的にも多くのデメリットがあるとおわかりいただけたでしょう。たとえ乳歯であっても子供のむし歯を放置すべきではなく、適切な治療と予防が重要です。

子供の歯がむし歯になりやすい理由

子供の乳歯が大人の永久歯と比べてむし歯になりやすいのは、主に以下の3つの理由によるものです。

乳歯は永久歯と比べてエナメル質など歯の層が薄いため

乳歯は永久歯と比較すると、歯の表面のエナメル質や下層にある象牙質の厚みが半分ほどしかありません。一度むし歯になってしまうと歯が溶かされるスピードが速く、神経まで到達しやすいのです。神経まで達したむし歯の治療は複雑で時間もかかるため、子供への精神的、肉体的な負担も大きくなるでしょう。

奥歯に汚れが溜まりやすいため

乳歯の奥歯は複雑な形状をしており、食べカスが溜まりやすくなっています。自分でブラッシングを行う場合、歯ブラシが届きにくい奥歯に磨き残しが多くなり、むし歯になりやすいのです。そこで、奥歯の溝をレジン(歯科用プラスチック)で埋める「シーラント」という処置により、奥歯に食べカスが詰まりにくくし、むし歯の予防が期待できます。

子供が甘い食べ物を好むため

子供は甘いお菓子を好むため、お口の中に糖分が多い環境になりがちです。そのため、糖分を餌にして酸を出すむし歯菌を活性化させてしまいます。長時間にわたって糖分を含んだものを食べさせないためにも、おやつの時間をきちんと決めておくことが大切です。また、食後や就寝前のタイミングでキシリトールガムを噛ませるのも、むし歯予防に効果的です。キシリトールには歯の再石灰化を促し、むし歯菌の餌となる酸を作り出さないため、むし歯菌の活動しにくい口腔内環境を作り出すことができます。また、よく噛まなくてはならないため、歯の再石灰化に欠かせない唾液の分泌も促されます。

子供のむし歯を予防する意識を持とう

子供のむし歯を放置しておくと、大人になってから苦労させることにもつながりかねません。そのため、保護者の方がしっかりと子供のむし歯予防に力を入れていきましょう。子供のむし歯予防には、「フッ素」塗布が効果的です。フッ素には歯の再石灰化を促す効果があり、市販の歯磨き粉などにも配合されています。歯磨き粉のほかにも歯に直接塗布することで、むし歯予防や初期むし歯の予防が期待できます。

また、子供のブラッシングには保護者による仕上げ磨きが大切です。乳児期から幼児期までは保護者が歯を磨いてあげることがほとんどでしょう。子供が自分でブラッシングできるようになるまでは、保護者による仕上げ磨きが重要です。磨き残しの多い部分がないかしっかりチェックしましょう。とくに、複雑な形状をしている奥歯が重要です。子供が小学生になる頃には、自分で歯を磨く習慣がついているので、しっかりとブラッシングの方法を教えましょう。

仕上げ磨きを行う年齢については、子供の歯の生え方によって変わりますが、乳歯と永久歯が混在している8~9歳くらいまで行うとよいでしょう。そして、自分でブラッシングさせる際にも歯の磨き残しがないように、規則正しいブラッシングを習慣づけることが重要です。

ゲートタワースワン歯科・矯正歯科 院長より

子供の頃のブラッシング習慣は、大人になってからも影響します。そのため、子供へのブラッシング指導を日常的に行うことが大切です。歯科医院でのフッ素塗布や歯科用プラスチックで奥歯の表面を埋める「シーラント」などの処置により、むし歯の予防が期待できます。また、必ず定期検診を受けるようにしましょう。乳歯のむし歯は進行が早く、早期発見が重要だからです。

そして、食生活の見直しも大切です。子供が好きだからといって甘いおやつを与えすぎるのもよくありません。とくに、だらだらと長時間おやつを食べさせることで、口腔内をむし歯菌が好む環境にしてしまいます。そのため、食後はなるべく早いタイミングでブラッシングをし、お口の中の歯垢を落とすように習慣づけておきましょう。