よくある質問
40歳からでも矯正治療を受けられますか?

Q&A

40歳からでも矯正治療を受けられますか?

親の提案を無視して子供の頃に矯正治療を受けなかったのを後悔しています。今から矯正治療を考えているのですが、40歳を過ぎていても受けることはできますか?

40歳からでも矯正治療を受けられますか?

ゲートタワースワン歯科・矯正歯科からの回答

矯正治療と聞くと、子供が歯に金属製のボタンとワイヤーをかけて仰々しく行うもの、というイメージを持たれる方が多いでしょう。しかし、それは少し誤った情報であり、矯正治療を始めるには基本的に年齢制限はありません。たとえ40歳を過ぎていようと、矯正治療を始めることは可能です。とくに、歯並びにコンプレックスを持たれている方や、仕事で人と接する機会の多い方など、成人してから矯正治療をスタートされるケースが増えています。

矯正治療に年齢は関係なし

矯正治療は「歯があればいくつからでも始められる」と例えられるほど、年齢制限はないとされています。そのため、50歳、60歳を過ぎてからでも矯正治療を開始する方もいらっしゃいます。ただし、いくつかの注意事項があります。

まず、口腔内が健康な状態であること。当然ですが、むし歯や歯周病がある場合は、先に治療を済ませてからでなければ矯正治療を行えません。矯正装置をつけているとブラッシングしづらくなり、装置の周辺に歯垢が溜まりやすくなるので、むし歯や歯周病のリスクが高まります。装置をつけて歯を動かしている最中では、該当箇所のむし歯が治療できず悪化させてしまうからです。

歯茎の感染症である歯周病の場合はさらに深刻で、歯を動かす際に病状を進行させてしまい、最悪の場合は歯が抜け落ちてしまう恐れがあります。歯周病によって徐々に顎の骨が溶かされ歯がもろくなり、そこに矯正治療による力を加えてしまうためです。虫歯や歯周病といったお口のトラブルは、矯正治療を始める前にしっかりと治療しておきましょう。

40歳から矯正治療をスタートさせるメリットは多い

40歳から始める大人の矯正治療にはデメリットだけではなく、さまざまなメリットがあります。それは、子供の頃に行う小児矯正と比べて、どんな違いがあるのでしょうか? 

まず、小児矯正治療は顎が成長する力を活かし、少しずつコントロールしながら行いますが、大人は顎の成長が済んでおり、治療計画を立てやすいというメリットがあります。あらかじめ治療期間を想定できれば、治療を始める決心もつけやすくなるはずです。なお、歯を動かすために必要な空間を確保するため、抜歯が必要になるケースもありますが、当院では患者様の目指すゴールやご要望をお聞きした上で、なるべく歯を抜かずに矯正治療を行うように心掛けています。

また、自分の意志で治療計画を選べるのも成人矯正のメリットです。ご自身の歯並びに合わせた矯正器具選びや、治療にかかる期間・費用など、歯科医師と相談しながら治療計画を選択できます。子供の頃は両親のすすめで始めることの多い矯正治療も、大人になればご自身の意志でスタートできるため、セルフケアを怠らないなどきちん成功させようとする意識も高まるはずです。

そして、最大のメリットは歯並びが悪いという、見た目のコンプレックスから解放されることです。仕事で人前に出る機会の多い方にとっては、積極的に話したり笑顔を見せたりできるので、自然と自信が持てるでしょう。また、歯並びの改善によって上下の歯の噛み合わせがよくなり、食べ物をしっかりと噛めるようになります。食べ物を細かくして飲み込むことで胃腸など消化器官への負担を減らせます。

今や矯正治療は手軽に受けられるものに

当院の矯正治療はなるべく「目立たない」「痛みを感じにくい」「抜歯しない」ことを心掛けています。それを実現するための矯正装置や医療技術が整っているため、安心して治療をお受けいただけます。矯正治療といえば、歯に金属製のブラケットと呼ばれるボタンを取り付け、ワイヤーを通すといったイメージをお持ちではないでしょうか? 近年の矯正装置は発展を続けており、透明のプラスチックを使用しているため目立ちにくい「クリアブラケット」から、歯の裏側に装着する「舌側矯正」など、さまざまな種類の治療法をご提案できます。

また、矯正装置を取り付けると、多少なりとも違和感が出てしまうものです。慣れれば問題はないのですが、ブラケット部分がお口の中に当たることで、口内炎の原因になる場合があります。しかし、透明のマウスピース型の矯正装置を使う「インビザライン」という治療方法なら、装着時の違和感を抑えられ、口内炎もおこりません。また、透明なため非常に目立ちにくく、食事や歯磨きなど任意のタイミングで取り外しができるなど、日常性生活を問題なく過ごせます。ただし、マウスピースは就寝中も含めた1日のほとんどの時間で装着しておく必要があります。

また、インビザラインなら平行してホワイトニングなどのメニューをご利用いただくことも可能です。歯並びを整えながら歯を白くして、笑顔に自信が持てるようになるでしょう。

ゲートタワースワン歯科・矯正歯科 院長より

今回ご紹介したように、矯正治療に年齢制限はありません。「矯正したい!」と思われたときがスタートラインなのです。
まずは総合歯科で矯正のカウンセリングを受けるとともに歯科検診を受け、虫歯や歯周病など他に治療が必要なところが無いかを確認し、きちんと治療を済ませてから矯正治療を始めましょう。

また、しっかりと歯並びを整えても、後戻りによって歯が元の位置に動いてしまう場合があります。それを防ぐためには、矯正治療が終わってからしばらく「リテーナー」と呼ばれる保定装置やマウスピースを装着するなど、キレイになった歯並びを維持するための“保定期間”を設ける必要があります。矯正治療は長期的な視点で考えながら進めることで、美しい歯並びを実現し、キープすることができるでしょう。