よくある質問
小児矯正をすれば歯を抜かずに済む?

Q&A

子どものうちに矯正治療をしておけば、歯を抜かないで済むのでしょうか?

ゲートタワースワン歯科・矯正歯科からの回答

子どもの矯正(1期治療)は歯を動かすだけではなく、顎の成長をコントロールしながら骨格を改善することができます。歯並びの土台になる骨格の正しい成長を促すことができるのは、子どもの矯正のメリットだと言えます。

通常は、永久歯に生え替わったら本格矯正(2期治療)を行いますが、骨格的な問題が改善された状態で歯並びを調整できるため、抜歯をする確率は低くなります。状態によっては、1期治療だけで終了できる場合もあります。