よくある質問
矯正治療後に歯並びがまた悪くなることがある?

Q&A

矯正治療を受けた後、歯並びがまた悪くなってしまうことはありますか?

ゲートタワースワン歯科・矯正歯科からの回答

矯正治療後に歯並びが再び乱れてしまうリスクは、誰にでもあります。矯正治療によって移動させた歯は、矯正装置を外すと再び元に戻ろうとします(これを「後戻り」と言います)。この後戻りを防ぐために行うのが保定です。保定期間中は、保定装置(リテーナー)を装着し、歯の位置が安定するまで1~2年ほど待ちます。

リテーナーは取り外しができるため、食事や歯磨きのときは外しますが、装着時間を守らないと後戻りの原因となってしまいます。せっかくきれいになった歯並びをキープするには、保定期間が終わるまでリテーナーの装着時間を守ることが重要です。